淡路島おすすめ「素敵なカフェ」3選

スポンサードリンク




京阪神から、車で1時間ほど、明石海峡大橋を渡ると淡路島に到着。
真っ青な海、空に包まれ、昔から御食つ国と言われ、食材の宝庫だ。

南北約60キロ、細長い島で、面積はシンガポールと変わらない。
関西圏からアクセスもしやすく多くの観光客が訪れます。

そんな淡路島でおすすめのカフェのご紹介です。


淡路島おすすめ「素敵なカフェ」

カフェ マルコウ (Cafe Marukou)

淡路島の西海岸に位置しているカフェマルコウ。
海沿いに位置し、店内の窓から瀬戸内海の風景を見渡す事ができる。
海の見えるカフェ

淡路島デートにおすすめ素敵なカフェ「カフェマルコウ」

 

 

G.エルム (G.ELM)

淡路島の人気のジェラート屋さん。

淡路島の南の端にある福良港(うずしお観光船乗り場)から、歩いてすぐのところにある白くてお洒落なおみせ。
店舗はこじんまりとしていますが、木材を多用した温かみのある店内は、漁師町にあるとは思えないほどしゃれている。

家族経営のこじんまりとしたお店ですが、使われている素材には、こだわりがあり、毎日搾りたての牛乳を牧場から仕入れ、果物は地元啓作農家が育てる無農薬のもを使うなど、その品質は確かなものです。

淡路島おすすめのジェラート屋さんGエルム!

 

農カフェ「八十八屋(はちじゅうはちや)

都会の喧噪大正浪漫が漂う店内は、大人の雰囲気漂う。
野菜は、その日に採れたものをその日に受け取り、新鮮なままお皿へ。
採れたての美味しさを伝えたいオーナーの想いがこめられたランチは、お皿に農園を表現した20種以上の珍しい野菜の彩が鮮やかだ。から離れ、淡路島の隠れ家のようなカフェ

デートにおすすめ淡路島の新鮮野菜がいっぱい農カフェ「八十八屋(はちじゅうはちや)」


 

京阪神からアクセスも良く、高速バス、日帰り圏内で気軽に訪れることができ、淡路島島内の観光はもちろん、ほっこりとする素敵なカフェも、このにご紹介したほかにもたくさんあります。
自分の、お気に入りのカフェを見つけに、ゆっくりと、ひとつひとつお店をめぐってみるのもいいかもしれませんね。

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA