センニチコウの花が「パルシェ香りの館」で満開

スポンサードリンク




センニチコウの花が「パルシェ香りの館」で満開

赤や紫などのストライプが農園を鮮やかに染めるセンニチコウの花が、兵庫県淡路市尾崎の観光施設「パルシェ香りの館」で満開となっている。2日から,ドライフラワーやフラワーアレンジメントに利用できる摘み取り体験も始まっている。

センニチコウはヒユ科の一年草。夏から秋にかけ、茎の先端に直径2~3センチの球形の花を付ける。花期が長いことから「千日紅」の名が付いたとされる。

 

花名・花言葉の由来

花名の由来

花名の千日紅(センニチコウ)は、百日咲き続けるといわれる百日紅(サルスベリ)よりも、この植物の花期が長いとされることに由来します。

花言葉の由来

花言葉の「色あせぬ愛」「不朽」は、センニチコウの長い花期やドライフラワーにしても美しい花色を保つことに由来します。



同施設では、農園の約10アールに約7千株を毎年栽培。今年は8月中旬から開花を始め、9月いっぱいは咲き続けるという。

昨年は白、ピンク、紫の三色だったが、今年は赤を増やし一層華やかになった。

摘み取っても花の色が落ちにくいので、アレンジメントやリース作りなどさまざまな用途にできる。

摘み取り体験は午前8時半~午後5時。2~14日は100円(20本)、15日~10月1日は無料(1人10本まで)。パルシェ香りの館TEL0799・85・1162

 

MAP

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA