淡路島アニメのテーマパーク「ニジゲンノモリ」行ってきた感想とか

スポンサードリンク




ニジゲンノモリ行ってきた感想とか

家族とニジゲンノモリへ行ってきたときの感想などを書いてみました。

週末家族とニジゲンノモリへ行ってきました。週末とあって、シンちゃんエリア近くの駐車場が、朝早くから満車だと、友人から連絡が入り、高速を降りずに行ける、ハイウェイオアシスからニジゲンノモリへ。

※ここに書いているのは、個人的な感想です。すべての方が、同じような感想を持つとは限りません。せっかくのニジゲンノモリ、一度くらいは体験どうでしょうか?

 

 

トラムカーがおすすめ


ハイウェイオアシスにある、オアシス館の脇から、トラムカーが走っているのを知っていましたから、家族と乗車。
未就学児以外は、300円で乗り放題です。子供は乗っているだけでも、喜んでくれました。

トラムカーに、乗って約5分ほどで到着。途中で、歩いている人を多く見かけましたが、きっと、離れた駐車場から、シンちゃんエリアまで、歩いて行ってる方だろうと思います。

ここ、ニジゲンノモリは、淡路島公園内にあり、広く、駐車場が点在しています。場所によっては、かなり歩かないといけないところもありますから、週末のように、人出が多くと思われる日は、ハイウェイオアシスからトラムカーを乗っていくのがいいと思いますよ。



 

無料遊具で遊ぼう


よくSNSとかで、ニジゲンノモリの料金が高いと言われています。

今回私達家族は、できるだけお金をかけずに、楽しもうとやってきました。
公園内には、いろんなところにしんちゃんの像があり、これを探すだけでも、子供は大喜び、また、公園内には、ローラースライダーや、アスレチック、など無料で遊ぶものもたくさんあります。

多くの人が公園内にいましたが、ほどんどの方が、この無料遊戯で遊んでいます。皆さん考えることは私達を同じようですね。また、多くの方が簡易テントや、レジャーシートを広げ、ピクニック気分で楽しんでいます。今度来るときは、私達も同じように、簡易テント持参で来ようと思います。

 

 

 

 

アトラクション雑感

「チャレンジ!アクション仮面飛行隊!」


アクション仮面のヘルメットをかぶって、ブラックメケメケ団による巨大水鉄砲の攻撃を切り抜けながら、225mと140mの往復2本のジップラインで水面ぎりぎりを滑空しよう!アクション仮面になったような、胸が高鳴るワクワクを体験できるアトラクションです。
料金1800円

池の上を走るジップラインですが、一回1800円は、少しお高いような気が、私達はやめました。一度くらいは話のネタにいいでしょうが、リピートしないでしょうね。
淡路ワールドパークONOKOROでも、同じようなジップラインがあります。こちらは、4コース、時間1~2時間かけて行われるアトラクションです。どちらかといえば、淡路ワールドパークONOKOROのジップラインのほうがいいと思います。

 

 

 

「アッパレ!戦国大冒険!」


戦国時代の砦のような巨大アスレチックです。しんちゃんの”いたずら”と称したからくりやアクティビティをクリアしよう!
お子さまは、 地上高1mのコースからスタート。お兄さんやお姉さんは、地上高4.5m or 8mの高難易度コースにチャレンジ!難易度別に3つのコースがあるから、子供から大人まで、へとへとになるまで遊べちゃいます。
料金 童(わらし)コース600円/足軽・大将コース3300円

平均したアスレチックの料金は、1000円~2000円くらい。
料金設定どうなんでしょうか?一度ぐらいなら、ネタでと思いますが、この値段で、リピーターあるのでしょうか?
子供用なら、この公園で無料のがあるのでそちらでも十分楽しむことが出来ますので、おすすめは、、、?かなぁ。

 

 

 

 

「ナイトウォーク 火の鳥」

手塚治虫氏の「火の鳥」の世界感を題材にしたストーリーを追いながら、全長約1.2kmの暗い森の中を自らの足で歩いて体験するアトラクションです。本アトラクションのストーリーは、手塚 眞氏が監修したここでしか見ることのできないオリジナルのものです。

このストーリーと世界感を、クリエイティブ集団NAKEDの代表である村松亮太郎氏が、最新テクノロジーを駆使し新たな手法で演出をした、新感覚アトラクションです。
ロマンティックだけど少し怖い。幻想的で不思議な森の中で、今までに無い非日常的な光景を目の当たりにすることでしょう。そして、圧巻のエンディングを是非ご覧ください。
料金大人3300円/子供1200円

これも、かなり強気の値段設定。

参考までに、大阪城プロジェクトマッピングでの料金/入場料一般2480~3480円・小人(4歳~小学生)1480~2480円これを見ても、高くないでしょうか!
今回は、自分は、パスしました。

 

 

 

 

まとめ

シンちゃんエリアに週末行くのなら、駐車場が満車だと思いますから、ハイウェイオアシスからトラムカーを乗っていくことをおすすめ。
また、運営会社さんに怒られそうですが、「アッパレ!戦国大冒険!」「チャレンジ!アクション仮面飛行隊!」など、わざわざお金を出さずとも、無料の遊戯で十分楽しむことが出来ます。

簡易テント、レジャーシート持参でピクニックがおすすめです。
※是非、お弁当持参でピクニックしましょう。

 

 

参考までに、淡路島での観光地の料金です。

淡路ワールドパークONOKORO 入園料/大人1200円/子供600円
淡路島ファームパークイングランドの丘 入園料/大人800円/子供400円
淡路島渦潮観潮船 乗船料/大人2000円/子供1000円

 

※個人的な感想ですので、ご了承ください。一度くらいは、話のネタでいいかも?

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA