淡路島「松帆銅鐸チョコ」制作!!展示

スポンサードリンク




淡路島「松帆銅鐸チョコ」制作!!展示

淡路島で2015年弥生時代の「松帆銅鐸」が、出土したのを期に、

多くの方に「松帆銅鐸」を知ってもらおうと、淡路島牛乳が「松帆銅鐸チョコレート」を制作しました。

18日に洲本市文化体育館周辺で開かれる「淡路島日本遺産フェスティバル」のブースで展示されるので、是非この機会にご来場ください。

また、来年3月に南あわじ市で予定される歴史イベントでは、ワークショップ開催や販売もされます。

※松帆銅鐸は2200~2300年前に作られたとみられる青銅祭器。



世紀の大発見に、南あわじ市市内では特産の淡路瓦で作ったレプリカなども販売され、同社も、銅鐸を身近に感じてもらおうと、淡路島牛乳をたっぷり入れたチョコレートの製作を企画。

歴史をまちづくりに生かそうと民間の人々が集まる「南あわじまちづくりカフェ」で参加者から意見を聞きながら、チョコレートを完成させたものです。

「松帆銅鐸チョコ」は、 高さ約13センチ、最大幅約8センチで、出土した銅鐸の2分の1サイズ。

お土産用に小さなチョコレートの販売も検討されてるそうです。

「淡路島日本遺産フェスティバル」ではほかにも、同カフェのメンバーが銅鐸の絵柄が入った風呂敷や、銅鐸型のクッキーなどを販売する予定。

興味のある方は、是非、18日は洲本市文化体育館へ、おこしください。

 

洲本市文化体育館MAP

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA