淡路市尾崎の観光施設「パルシェ香りの館」でフクシアの花が見頃

トリップアドバイザー

淡路市尾崎の観光施設「パルシェ香りの館」でフクシアの花が見頃

淡路市尾崎の観光施設「パルシェ香りの館」でフクシアの花が見頃となっている。

頭上から垂れ下がるように咲くことから「女王の耳飾り」の異名を持つフクシアの花

淡い色合いの愛らしい姿がを是非この機会にどうでしょうか?

同施設では11年前、大温室で展示を始め、現在では淡いピンクの「ファーストラブ」や濃い紫が特徴の「ブードゥー」など約20品種を栽培している。

大温室では、一年を通じて花をつける淡紫色のストレプトカーパスも満開になっているのでこちらも合わせてご鑑賞おすすめです。



 

フクシア

フクシア (Fuchsia ラテン語発音: [ˈfʊk.si.a] フクスィア) はアカバナ科の低木で、花が美しいので鉢植えなどでよく栽培される。日本では訛ってホクシャなどとも呼ばれる。フランス語ではフュシャ、フュクスャ (fuchsia [fy.ʃja, fyk.sja])、スペイン語ではフクスャ (fucsia [fuk.sja])、ドイツ語ではフクスィエ (Fuchsie [ˈfʊksiə])、英語ではフューシャ (fuchsia [ˈfjuːʃə])、ハンガリー語ではフクスィア (fukszia [ˈfuksiɒ])、フィンランド語ではヴェレンピサラト (verenpisarat [ˈveremˌpisɑrɑt])、エスペラント語ではフクスィーオ (fuksio [fukˈsiːo])。
フクシアは属名(ドイツの植物学者レオンハルト・フックスにちなむ)で、100種ほどの原種からなる。栽培品種も雑種起源のものを中心にして多種多様である。南米(一部は中米やポリネシア)の熱帯・亜熱帯原産で、小低木が多いが、中には高さ10m以上の高木になるもの(ニュージーランド産Fuchsia excorticata)もある。
温室で栽培されるものもあるが、耐寒性のあるものはイギリスなどでも戸外で栽培され非常にポピュラーである。茎がしだれ花が下向きに咲くものが多いので、吊り鉢に植えて高い所に飾ることが多い。
原産地ではおもにハチドリによって送粉される。果実は1cm前後の液果で暗赤色に熟し、細かい種子を多数含み、食べられる。
細長いがくと幅広い花弁が4枚ずつあって、がくが鮮紅色で花弁が紫のものなど、様々な色のものがあり、フクシアの名を冠した色名(フクシャ)がある。(.wikipedia.)

 

 

「パルシェ香りの館」アクセスデーター

住所 兵庫県淡路市尾崎3025-1
電話番号 0799-85-1162
営業時間 09時00分 ~ 17時00分
定休日 不定休(お問い合わせ下さい)
入園料 入館無料(体験教室は別途)
駐車場料金 無料

 

MAP

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.