淡路島と四国を周遊するサイクリングイベント「鳴門・南あわじ渦潮ファンライド」を来年3月18日開催

スポンサードリンク




淡路島と四国を周遊するサイクリングイベント

鳴門・南あわじ渦潮ファンライド

淡路島ロングライド150に続けと新しいサイクリングイベントが開催されます。
サイクリング愛好家の方是非、ご参加してくださいね。
大鳴門橋をまたいで淡路島と四国を周遊するサイクリングイベント「鳴門・南あわじ渦潮ファンライド」を来年3月18日、同市と徳島県鳴門市で開催です。

自転車で周遊しながら自然や食などを体験してもらい、観光振興や交流人口増加につながることを願っての開催です。


南あわじ市と鳴門市、香川県東かがわ市などでつくる「ASA(アサ)トライアングル交流圏推進協議会」は自転車をトラックに積んで大鳴門橋を運ぶサービスを10月から開始された、新サービスのPRを兼ねた企画で、大鳴門橋を渡って両市を巡る総延長約120キロの「鳴門・南あわじグルッとコース」と、鳴門市内を巡る総延長約65キロの「鳴門の海も山も満喫コース」の2コースが用意。

 

120キロコースではバスとトラックで人と自転車をボートレース鳴門(鳴門市撫養町)から伊毘うずしお村オートキャンプ場(南あわじ市阿那賀)へ輸送。

サイクリストは海沿いを北進して同市湊へ向かい、その後阿万地区を目指して内陸部を南進。福良地区を経て海沿いを西へ走ってオートキャンプ場に戻る。その後、バスとトラックで再び大鳴門橋を渡り鳴門市内の絶景ポイントなどを巡る。

計5カ所の休憩所では地元特産の軽食などが提供されるほか、リタイアした人用の回収車も巡回。時間制限は設けず気軽に走しれるのがいいですね。

120キロコースは定員400人で参加費9500円、65キロコースは定員600人で参加費5500円。ともに16歳以上が参加できる(18歳未満は保護者の同意が必要)。ウェブサイト「スポーツエントリー」で1月31日まで受け付けとなっていますので、淡路島ロングライド150同様人気ですから、早めの応募おすすめします。(定員になり次第締め切り)。

問い合わせは報知新聞事業部(電)06・7732・2016。

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

乗り物酔いになったときは?原因と、直し方は?


スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA