淡路島まつり花火大会 おすすめ駐車場

トリップアドバイザー

淡路島祭り花火大会 駐車場どこにとめる??おすすめは??

夏の風物詩といえば、花火大会

花火大会で問題なのは、駐車場。

会場に近く、帰りの渋滞に巻き込まれることなく、出来るなら、料金が安いところがいいですね。

淡路島で人気淡路島祭り花火大会が8月5日、洲本市で開かれますが、毎年多くの観光客が訪れ、毎年困るのが、駐車場の確保です。

前日の、金、土曜日には、踊り大会が開かれ、

最終日花火大会には、7000発の花火が打ち上げられます、毎年帰宅時は渋滞です。

 

淡路島祭りでは、踊り大会では、駐車場は無料で開放されていますが、花火大会では、駐車代金1000円結構高く設定されています。

※私の記憶では、昨年までは、無料で開放されていたのですが、今年の予定を確認すると有料となっています。

そこで、今回は、出来るだけお安く、そして帰宅時の渋滞に巻き込まれにくい駐車場のご紹介。



 

 

踊り大会駐車場情報

 

おどり大会は両日とも午後6~10時にあり、2日間で延べ約4100人の踊り子が参加している。

また、飛び入りで参加できる「にわか連」を今年も実施している。

最終日の花火大会は午後8時から45分間にわたって洲本港周辺で行われ、防波堤を使って打ち上げる「フルワイドスターマイン」や直径320メートルに開く尺玉などを、音楽に乗せて次々と繰り出します。

 

 

花火大会駐車場情報

 

最終日は洲本第一、第二、第三小学校など7カ所に有料駐車場を開設する(料金は千円)。

※無料で開放されてるのは、洲本高校グラウンドのみ。

 

 

 

おすすめの駐車場

市内に入ってしまうと、帰りの渋滞に巻き込まれます。

できるだけ会場委に近くそして帰りの主要道路が近いところがいいでしょう。

そこでおすすめの駐車場は、

洲本市営すいせん苑駐車場

会場まで徒歩圏内、国道28号までは、すぐ、また打ち上げ会場が目の前なので、ここで花火を観賞しそのまま帰宅してもいいでしょう。
また、一日停めても300円とリーズナブルなのがおすすめ。

 

 

洲本バスセンター前駐車場

会場に近く一日停めて最大600円

市内にあるので、帰りの渋滞に巻き込まれる恐れがありますが、会場近く解放されている駐車場が代金1000円なのを考えるとまだここのほうがいいでしょう。

出来るだけ早めの帰宅をおすすめします。

今回ご紹介しました、駐車場でも、時間によれば、出庫に時間がかかり渋滞に巻き込まれ恐れもあります。

昨年度は、イオン駐車場の場合、出庫から市街に出るまで、2時間以上かかったと聞きます。

渋滞に巻き込まれのが嫌な方は、できるだけお早目の帰宅をおすすめします。

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください