「淡路島中央(あわじしまちゅうおう)スマートインターチェンジ」地図と使ってみた感想

スポンサードリンク




「淡路島中央(あわじしまちゅうおう)スマートインターチェンジ」地図と使ってみた感想


「淡路島中央(あわじしまちゅうおう)スマートインターチェンジ」が開通した。
いい機会なので、地元民である私が使ってみた感想です。
また、「淡路島中央(あわじしまちゅうおう)スマートインターチェンジ」ってなに?どこにあるのか?とか、合わせて書いてみましたので、これからの連休、ご利用のご参考になればと思います。



 

「淡路島中央(あわじしまちゅうおう)スマートインターチェンジ」って?

神戸淡路鳴門自動車道の津名一宮-洲本インターチェンジ(IC)間に、「淡路島中央スマートIC」(兵庫県洲本市中川原町市原)が完成した。
ETCゲート前では一時停止が必要。徐行するだけではゲートは開かない。ETC未搭載車両などがゲート前まで誤って進んだ場合は、ゲート前にあるインターホンを押して係員に連絡。ゲート脇に設けられた退出路から元来た道に戻れるよう誘導される。
新ICは、県道洲本五色線に接続。垂水ジャンクション(JCT)から洲本市の中心部までの所要時間が、洲本ICを使う場合より5分程度短縮されて約40分になるほか、五色方面へのアクセスが向上する。
新IC-垂水JCT間の通行料金(普通車)は、平日1750円、休日1590円。洲本ICを使う場合より、平日で110円、休日で60円安くなる。(神戸新聞より引用)

 

 

何処にあるの?

淡路島の中央、淡路一宮ICと洲本ICの間にあります。

 

 

使ってみた感想

「淡路島中央(あわじしまちゅうおう)スマートインターチェンジ」は、ETC専用のICです。
まず降りて、右方面は、五色地域へ、そして、左に行くと洲本市内へといくことができます。

洲本方面には、降りて左に、未だに、途中工事中で、交互通行です。また、地道を10キロ以上走るうえ、観光エリアへのアクセス間、信号が多く、慣れない方なら、余計につかれるとおもいますので、洲本方面へのアクセスなら、洲本ICを使った方がいいと思います。(工事期間は、7/31までとなっていました。)

右にいくと、五色地域へと入っていくことが出来ます。五色地域といえば、有名な七福神巡りの長林寺智禅寺
また、総合運動公園ウエルネスパーク、温泉施設「湯~湯ファイブ」等観光スポットへと行くことが出来ます。

五色方面への観光スポットアクセスなら、こちらを使ったほうがいいでしょう。

今までなら、淡路一宮ICから数十キロ、時間にして、約30分ほど、慣れない地道を走っていってたものを、「淡路島中央(あわじしまちゅうおう)スマートインターチェンジ」をつかえは、10分ほどで、五色方面への観光スポットへアクセスすることが出来きます。

自分なら、五色地域の観光スポットへは、「淡路島中央(あわじしまちゅうおう)スマートインターチェンジ」つかいます。

 

まとめ

洲本方面へは、従来通り洲本ICを利用し、五色方面なら、「淡路島中央(あわじしまちゅうおう)スマートインターチェンジ」の利用をおすすめします。

注意してもらいたいのは、神戸方面、四国方面への入り口は、別なので、「淡路島中央(あわじしまちゅうおう)スマートインターチェンジ」利用の際は、ご注意ください。

※「淡路島中央(あわじしまちゅうおう)スマートインターチェンジ」ETC専用です。

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.