淡路島冬の観光おすすめの黒岩水仙郷が開園

トリップアドバイザー

淡路島といえば、夏のイメージ強いですが、冬の観光といえば、水仙郷が有名です。
日本三大群生地の一つが淡路島にあるのを知っていますか?
この期間しか見ることが出来ない見事な水仙群生地のご紹介。

 

淡路島の冬の観光おすすめ「灘黒岩水仙郷」が27日今期の開園

 

「灘黒岩水仙郷」

目の前に広がる大海原と、白く咲き誇る水仙のコントラストが見事

生育が順調な今期は、来年一月中期~二月上旬に見ごろを迎える。

 

 



淡路島内最高峰の諭鶴羽山から大阪湾に向かって広がる斜面約7ヘクタールに約500万本が自生、青い海を背景に白と黄の花が咲き乱れるさまは壮観、花が少ない冬の淡路島の観光スポットだ。

 

※洲本市街地から、海沿いに走っていきますが、道中道が細くなってるところもあります、対向してくる車に注意して、走行してください。
また、高台にありますので、海からの風がきついときもあります。一枚余分に羽織るものを持参されるなど防寒対策をおすすめします。

午前9時~午後5時。大人500円、小・中学生300円。12月31日、1月1日の午前中は休園。営業は2月下旬までの予定。

灘黒岩水仙郷TEL0799・56・0720

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください