2018淡路島まつり 花火大会開催日とかおすすめポイント

トリップアドバイザー

2018淡路島まつり 花火大会開催日とかおすすめポイント

淡路島の花火大会といえば、真っ先に思いつくのが、「淡路島まつり」。

淡路島最大の花火大会だ。

今年で71回を、迎える淡路島祭り、毎年この時期に合わせて多くの観光客が訪れる。

そこで、今回は、淡路島最大の花火大会である、淡路島まつりのご紹介。

そして、地元島民だから知知っている、おすすめのポイントや、ここだけのお話も教えちゃいます。

第71回淡路島まつり花火大会

今年で、71回目を迎える、「淡路島まつり」8月の第一金曜日から日曜日の三日間開かれ、初日の金曜日と、土曜日には、洲本市中心部で阿波踊りが開かれる。

会場では、多くの露店が出され、この、露店巡りも楽しみの一つだと思いますが、是非見かけたら、寄ってもらいたい露店があります。



淡路島のソールフード「ピンス焼き」

ベビーカステラといえば、わかりやすいかもしれませんが、淡路島では、ベビーカステラとは言わず、「ピンス焼き」といいます。

そして、「ピンス焼き」といえば、島民の誰もが美味しいという「池田のピンス焼き」

「池田のピンス焼き」を見かけましたら、騙されたと思って買ってみてください。
絶対におすすめです。

行列ができる淡路島のソウルフード露店で有名な池田のピンス焼きが、絶対おすすめ

 

詳細

阿波踊り大会

日時

平成30年8月3日(金)、8月4日(土) 両日18時から22時まで

※各演舞場の最終スタートは21時45分

 

会場

演舞場概要洲本市中心部(市役所周辺)

(1)本町7・8丁目演舞場

(2)コモード56演舞場

(3)堀端筋演舞場(メイン会場)

(4)市役所東演舞場

(5)市役所踊り広場(ステージ)

※雨天の場合は、本町7・8丁目演舞場とコモード56演舞場にて演舞予定です。

 

古いですが、花火大会の動画がありましたので、ご参考にしてください👇

 

花火大会

 

日時

平成30年8月5日(日)20時~20時50分

 

時間

20 時 00 分 ~ 20 時 50 分

 

打ち上げ数

2017年は、7000発でしたが、今年は、明石海峡大橋開通20年を記念し、昨年以上の打ち上げ数になるかもしれません。

 

打ち上げ場所

洲本港・大浜海岸周辺(兵庫県洲本市海岸通・大浜公園内)

事務局・問合せ
洲本商工会議所内 TEL(0799)22-2777 / E-mail info@sumoto-cci.org
洲本市役所商工観光課内 TEL(0799)24-7613 / E-mail shoukou@sumoto.lg.jp

淡路島花火大会の昨年の人出は 約7万人と少なめです。

そのため、それほど混雑せず 遅い時間でも場所取り可能です。

ただ、会場までのアクセス方法が 車かバスに限られるので、
周辺の道路はとても渋滞します。

駐車場は無料・有料合わせて 1300台ほど確保されていますが、
会場近くは14時頃には満車になります。

会場から離れている駐車場は 比較的遅い時間でも駐車出来ますが
会場までは、場所によっては、かなり距離がりますから、できるだけ早めに到着して、会場近くの駐車場に止めるほうがいいでしょう。

場所取りは遅い時間でも可能ですが、
渋滞を避けるためにも 早めの来場をおすすめします。

 

駐車場

awajiparking

また、花火大会終了後は、 最寄りの洲本ICまで3~4時間 かかることもあります。(通常は15分程度で行けます。)
なので洲本ICの利用は避けた方がいいでしょう。

もう一度淡路島花火大会について 簡単にまとめてみます。
≪開催場所≫ ・大浜海岸周辺
≪打ち上げ数≫ ・約7000発
≪昨年の人出≫ ・約8.5万人
淡路島まつり花火大会は、 規模の割に人出が少なめの 穴場的な花火大会です。

海面を鮮やかに彩る 水中花火はとても美しく 幻想的な雰囲気に包まれます。

周辺に宿泊施設も多いので、 泊りでのんびりと楽しむのもおすすめ。

また、洲本港から、花火観賞船が出ていますので、船での海上からの花火観賞もいいでしょう。

 

穴場スポット

ここで、ちょっと島民しか知らないような、おすすめ穴場の観覧スポットのご紹介。

洲本城跡

洲本温泉から近くアクセスがいい。(渋滞なし)
また、高台から望む花火も素晴らしい。
地元民も多いビューポイントです。

 

 

洲本実業高校

;

地元民には、有名なビューポイント
高台から望む花火は素晴らしいです。
少し離れてはいるが、こちらも渋滞知らず。

 

炬口海水浴場および炬口漁港


帰りの渋滞が気になる方は、こちらがベスト
海上にあがる花火を見るには、絶好だ。
何と言っても、帰りの渋滞に巻き込まれることがないのがいい。
すぐに国道28号に出れるので島外の方なら、こちらから津名一宮ICに向かうのがいいでしょう。
(洲本IC方面は、渋滞で動きませんので)

以上三か所は露店などありません、お祭りの雰囲気を楽しみたいという方なら、大浜海水浴場からがいいでしょう。
しかし、必ず渋滞に巻き込まれますので、花火が終わるまでに、会場を後にするのがベストです。

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA