県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」で日本の伝統文化や美意識をテーマにした特別展「淡路ガーデンルネサンス」開催

トリップアドバイザー

日本の伝統文化や美意識をテーマにした特別展「淡路ガーデンルネサンス」

 

 

行楽シーズンを迎えた島内各地の観光施設で開催中の「淡路花祭2018秋」。

兵庫県淡路市の県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」では、日本の伝統文化や美意識をテーマにした特別展「淡路ガーデンルネサンス」が始まり、色鮮やかな秋の草花が訪れる人を楽しませている。

開催期間は11月11日まで。

日本の伝統や花の文化、おもてなしの精神などを表現し、現代に継承しようと企画したものだ。

わびさびに美しさや豊かさを加え、調和の美を目指した茶道「綺麗さび」の世界観をモチーフにしたという「ネオジャポニズムガーデン」は、キキョウやダリアなど約100種200株の草花が彩る。ほかにも江戸時代に武士から庶民までが幅広く楽しんだ鉢植えや盆山などの伝統園芸が会場を飾る。

館内のカフェには、隣接する「ウェスティンホテル淡路」とコラボレーションした期間限定のスイーツも登場。栗のムースで 会期中、伝統園芸を学び伝える子どもたちの作品展(盆栽=10月6~20日、お苗菊=11月1~11日)も開催。

11月3日には、南あわじ市立三原中学校の郷土部による人形浄瑠璃がある。コスプレ衣装で園内を楽しむ撮影会も開く(要予約、2千円)。

午前10時~午後6時。期間中無休。大人1500円、70歳以上750円、高校生以下無料。同館TEL0799・74・1200

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください