淡路島秋の味覚狩り栗拾い「栗脇農園」がオープン

トリップアドバイザー

淡路島秋の味覚狩り栗拾い「栗脇農園」がオープン

秋の味覚クリの収穫期を迎え、兵庫県淡路市野島轟木の観光農園「栗脇農園」がオープンした。

今年は「猛暑が続いたため甘みが強い」という

週末には、大勢の行楽客、家族連れでにぎわっている。

同園は1986年、約65アールの雑木林を整備しクリの苗木を植栽。木が成長した約5年後に観光農園として開業した。

現在は大粒で甘い、早生の「丹沢」と中手の「筑波」の2品種計約300本を栽培する。

クリの木には、つやつやの実が顔をのぞかせる色づき始めた「いが」が鈴なりに。足元には熟して落ちた実が所狭しと転がる。

入園者は体をかがめて枝の下を歩き回り、火ばさみや足を使って丁寧に実を取り出していた。

同園は、10月上旬まで開園予定。

また、期間中は無休。

開園時間は、午前10時~午後5時。

料金は、大人千円(お土産600グラム付き)、10歳以下500円(同300グラム)。

お問い合わせは、同園TEL0799・82・1683

MAP

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください