淡路島サクラマス来春全島デビュー

トリップアドバイザー

淡路島サクラマス来春全島デビュー

来春からは、新鮮でおいしい「淡路島サクラマス」が、淡路島グルメとして登場

兵庫県南あわじ市で春の新名物としてPRされてきた「淡路島サクラマス」。

来春からは島内全域の飲食店や宿泊施設でサクラマス料理を提供し、新ご当地グルメとして淡路島一体で売り出していく。

サクラマスは毎年11~12月ごろに養殖が始まり、翌年3~5月がシーズン。同市の福良湾での養殖は今年で4年目を迎える。

同市では養殖2年目から市内の宿泊施設や飲食店などが連携してサクラマス料理のPRを開始。

2016年シーズンには約8200食で約5千万円、17年には約1万8600食で約9千万円の売り上げがあったという。

これまでも同市以外でサクラマス料理を提供してきた飲食店はあるが、島内をさらに周遊してもらおうと、来年からは島全体でアピールすることを計画。生産者や県、同市などが8月に「淡路島サクラマスプロモーション実行委員会」を設けて取り組み始めた。

流通量が少なく、なかなか食せなかった「淡路島サクラマス」ですが、来春からは、全島で食すことが出来るようになります。

来春、来島の際には、是非ご賞味ください。

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください