淡路島コロナ発症者は誰?どこに住んでいるの?行動経路は?お知らせできる範囲での情報です。

淡路島コロナお知らせできる範囲での情報

淡路島で初のコロナ感染者がでました。
この辺は、ニュース等でご存じの方も多いかと思います。
対岸の火事と思っていた脅威が身近に迫ってきたと思うと不安でしかありません。
当局は淡路島3市から感染者が出たとしか発表されていません。
個人情報等の関係もあろうかと思いますが、島民各自の安全のためにも誰が発症したとかは、どうでもいいのです。
発症後、どこで?どのような行動をとっていたかだけでも知らせていただきたい!
そう思い、今回このような記事を書かせていただきました。
個人情報の関係もあり大雑把な情報でしか発信できませんが、ご了承ください。
まず、感染の経緯はですが、ある京都産業大学生が海外渡航後感染が発覚!
発覚するまでに、友人と慰労会を開きその後、慰労会に出席した数名がコロナ発症しました。
この辺はもうすでにご存じだと思います。
そのうちの一人が淡路島に帰省後発症し、淡路島発のコロナ発症者となりました。
発症者は、洲本市内の医療施設で入院とのこと。
ここまでは、すでに発表されている内容です。
発症者の彼は、軽度とのことで、この辺は確認を取れていませんが、現在も医療施設にいるか?自宅待機しているか?です。

発症者は誰?

これは、個人情報で教えられません。

住所は?

大雑把に淡路市東浦
詳しい情報が欲しい方がいれば東浦の方に聞かれるといいと思います。
すでに誰で?どこに住んでいる?自宅は?両親の職場は?など流石に田舎ですから地元の情報発信が早い!
個人情報ダダモレです。

行動経路は?

未確認ですが、島内居酒屋、パチンコ屋等立ち寄っているようです。
また、彼女が八木のファミリーマートでアルバイトしているとか・・・
八木のファミリーマートが閉まっていたのでそうでは?と言われていましたが、誤報とのこと。

今の政府は経済優先で国民の安全など全く考えていないようなので、自分自身の安全は(ご家族・友人を含めて)各自で護衛していきましょう。

まとめますと、東浦の方に聞いたほうがいいってことでした。

以上お知らせできる範囲での淡路島コロナ情報でした。

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

AD



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください