淡路島キンセンカワッフル期間限定販売

スポンサードリンク




淡路島キンセンカワッフル期間限定販売

 

兵庫県淡路市特産の花キンセンカを食用花として使った新たなグルメ「カレンデュラワッフル」が完成し、淡路市尾崎の観光施設「パルシェ香りの館」で販売が始まった。

オレンジ色の花びらをそのまま生地に練り込み、ハーブをブレンドした味と香り。「目にも鮮やかで、香りがさわやか」と評判を呼んでいる。

淡路島のキンセンカ生産量は千葉県に続く国内2位。

日本では仏花として親しまれるが、海外では薬効があるとされハーブや食用として普及している。



島内では生産者が高齢化する中、淡路市釜口の花卉農家が2013年に食用向けの無農薬栽培を開始。昨年9月には「カレンデュラのジェラート」が初の加工食品として商品化され、東浦ターミナルパーク(同市浦)の土産物店で発売された。

ワッフルは、花や香りをテーマに活動する地域おこし協力隊が、来年6月に同市で開かれるハーブサミットに向けた新商品を作ろうとパルシェに協力を依頼した。

ハーブティーを配合して香りを整えるなど試行錯誤。

5月下旬、花びらがワッフルの表面を彩る試作品が完成し、9月までの期間限定販売を決定した。

また、カレンデュラのジェラートも好評のため、5月末から製造元の「淡路たかたのケーキ」(同市志筑)での販売を開始した。

ワッフルは180円、ソフトクリームと自由に組み合わせたワッフルソフトは450円(いずれも税込み)。

ジェラートはコーン230円、カップ250円(いずれも税別)など。

パルシェ香りの館TEL0799・85・1162。

淡路たかたのケーキTEL0799・62・4144。

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください