淡路島に観光シーズン到来。「淡路島びらき うずしおまつり・桜鯛まつり」

トリップアドバイザー

淡路島に観光シーズン到来。

「淡路島びらき うずしおまつり・桜鯛まつり」

淡路島の観光シーズンの幕開けを告げる「淡路島びらき うずしおまつり・桜鯛まつり」が17日、兵庫県南あわじ市の福良港と鳴門海峡であった。多くの観光客が迫力たっぷりの渦潮を見学、港付近で開かれているさまざまな催しも楽しんだ。

春の大潮で渦が見頃となり、桜色をしたマダイ、桜鯛が旬を迎える時期に、淡路島観光協会が毎年開く。
式典では、南淡中学校郷土芸能部が淡路人形浄瑠璃の「戎舞」で島びらきを祝い、第38代「クイーン淡路」の3人が初仕事として観潮船「日本丸」の一日船長に就任。渦潮の世界遺産登録をともに目指す徳島県鳴門市からも「鳴門うずしお大使」が参加した。

観光客を乗せた日本丸は福良港を出港。大鳴門橋を挟んで西側にある南あわじ市阿那賀の伊毘港からも小型観潮船「ヘリオス」が出港し、鳴門海峡で合流した。神武天皇が酒を注いで鳴門海峡の急流を鎮めた、との言い伝えにちなみ、酒だる23個を流し、タイも放流した。

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください