淡路島に積雪 事故多発、農作物への影響も

トリップアドバイザー

淡路島に積雪 事故多発、農作物への影響も

 

強い寒気が断続的に入ってきた影響で、兵庫県南あわじ市を中心に淡路島内で12日、積雪があった。

同市内では車の物損事故が相次いだ。

2月に入り、同市内の最低気温は氷点下になることが多く、農家は出荷前の農作物への影響が心配される。

神戸地方気象台によると、12日の最低気温は南淡で氷点下1度、洲本で同0・8度、郡家で0・4度。徳島県や香川県では雪で高速道路が通行止めになる中、四国から雪雲が流れ込んだ淡路島でも田畑や道路に雪が積もった。


南あわじ署によると、路面凍結などによる車の物損事故が5件発生。同市内の国道28号や市道で路面が凍結し、市役所担当者らが凍結防止剤をまいて回った。

同市のコミュニティーバス「らんらんバス」も一部区間が通行できず、回り道して運行したという。洲本署や淡路署管内では事故などはなかったという。

2月の12日間で最低気温が氷点下となったのは、南淡で10日、郡家で8日、洲本で7日。

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA