淡路島「御食国・和食の祭典in淡路島」大盛況

スポンサードリンク




淡路島「御食国・和食の祭典in淡路島」大盛況

古代、朝廷に食材を納めていた「御食国」(淡路・若狭・志摩)と、その食材を使って和食文化を発展させてきた京都が連携して和食をPRするイベント「御食国・和食の祭典in淡路島」(神戸新聞社後援)が18日、兵庫県洲本市文化体育館で始まり、約5千人が来場してにぎわいました。



和食が世界的に注目される中、兵庫、福井、三重、京都の関係4府県が一丸となって御食国ブランドを売り出そうと、初めて開かれました。

焼鯖丼(若狭)▽京つけ物(京都)▽鯛茶漬け(志摩)▽淡路ビーフの牛すじ丼(淡路)-など、各地自慢の食がフードコートに集結。

出展者の予想を上回る売れ行きで、売り切れも相次いだ。4地域の特産物を詰め込んだ1日30個限定の「御食国弁当」は1個3800円と高額ながら即完売した。

開催は本日 19日まで。

午前11時~午後4時半。

是非この機会に、淡路島の食のイベントどうでしょうか?

会場MAP

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA