淡路島「常盤観光ぶどう園」オープン

トリップアドバイザー

淡路島「常盤観光ぶどう園」オープン

濃い紫色の房がたわわに実った「常盤観光ぶどう園」(兵庫県淡路市野島常盤)が今年もオープンし、週末には、みずみずしい味わいを目当てにブドウ狩りを楽しむ家族連れらでにぎわっている。

野島常盤地区では35年ほど前、国の事業で山林を農地として開墾し、ブドウ園を造成。現在は農家9軒が「常盤観光ぶどう組合」に加盟し、計3・7ヘクタールで甘みの強い「ベリーA」と風味が豊かな「ピオーネ」などを栽培している。

今年は梅雨明け後の少雨と気温の上昇で実はやや小ぶりだが、糖度は例年以上に高く今年の味は別格だといいます。

9月下旬まで営業予定。午前9時~午後5時。入園料800円、4~10歳は600円。販売は2キロでベリーA1500円、ピオーネ2300円。

お問い合わせは、 同組合・真野副組合長TEL0799・82・2653

淡路島秋の味覚狩りおすすめスポット「常盤観光ぶどう園」

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください