東京オリンピックPR動画 淡路島島内三か所で、撮影

スポンサードリンク




東京オリンピックPR動画 淡路島島内三か所で、撮影

2020年東京五輪・パラリンピックをPRするためのラジオ体操動画が兵庫県の淡路島内3カ所で撮影され、計約700人が参加した。

県内のほかの地域で撮影された動画と合わせ、11月中旬以降に東京都の公式動画チャンネル「東京動画」で掲載される予定だ。

南あわじ市の慶野松原は21年のワールドマスターズゲームズのビーチバレー会場にもなることから、東京五輪とともにアピールしていく。



東京五輪の機運を高めるため、東京都から各都道府県にラジオ体操動画の提供依頼があり、兵庫県が受諾したものだ。

島内では慶野松原のほか、明石海峡大橋下の道の駅あわじ(淡路市)、洲本城跡(洲本市)が撮影ポイントに選ばれた。

慶野松原のビーチバレーコート周辺には、近くの西淡中の全生徒のほか、南あわじ市内の小中高校バレーボール部員ら約400人が集結し、淡路三原高校の郷土部は、淡路人形浄瑠璃で祝い事などで披露される「戎舞」に出てくる人形「戎さん」「庄屋さん」とともに出演。人形をたくみに動かしてラジオ体操した。

ラジオ体操の3分15秒程度のうち、淡路地域の割り当て分は15秒程度だが、それとは別に、淡路県民局のインターネットサイトで視聴できるようにすることも検討するという。

画像は神戸新聞より

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA