大阪・神戸-香川間高速バス 「南あわじ市志知」にも停車へ

トリップアドバイザー

大阪・神戸-香川間高速バス 「南あわじ市志知」にも停車へ

高松エクスプレス(香川県高松市)は4月から、大阪・神戸-香川間で走らせている高速バス「フットバス」を、神戸淡路鳴門自動車道本線上にある志知バス停(南あわじ市志知)に停車させる。

従来、淡路島内は素通りしていたが、本線下にある「陸の港西淡」がサイクリングの拠点としてリニューアルオープンするため、サイクリストの利用需要を見込んでだ。

フットバスは同区間を毎日15往復しており、4月1日から全便が同バス停に停車する。
大阪・神戸方面に向かう上りは同バス停で乗車、降車ともでき、下りは4便が乗降自由。残り11便は降車のみとする。
理用予測に基づき、設定した。



四国と大阪・神戸を結ぶ高速バスのうち、志知バス停を含め島内で停車するのは現在、関西空港リムジンバス(徳島-関空間)のみ。東京行きでは、徳島バス(徳島-東京間)が停車する。いずれも上りで乗車、下りで降車できるが、サイクリストの呼び込みに力を入れる南あわじ市が、高松エクスプレスに協力を求めていたものだ。

自転車は、折りたたんでバッグに収納する場合、トランクルームに4、5台を積載できるという。

今後の利用者増で、淡路島の活性化に期待したい。

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.