国営明石海峡公園で見頃の花

トリップアドバイザー

国営明石海峡公園で見頃の花

国営明石海峡公園では、多くの花が咲き、毎年多くの家族連れや観光客でにぎわっている。
そんな同公園で今、見頃を迎えている花がある。

ネモフィラ

初夏のさわやかな陽気の中、淡い青色の花が愛らしいネモフィラが見頃を迎えています。

園内の「ポプラの丘」「大地の虹」南エリア約10万株が一面に咲き誇り、涼しげな「ネモフィラブルー」をたのしむことができる。

見頃は5月上旬までお早めに!!



 

 

ネモフィラとは?

ムラサキ科(旧ハゼリソウ科)ネモフィラ属. 北アメリカ原産の一年草で、和名を瑠璃唐草(るりからくさ)といいます。
耐寒性一年草で、草丈10-20cm 、茎は匍匐性(ほふくせい)で横に広がり、葉には羽状の深い切れ込みが、茎と葉に柔毛がある。

花は4月-5月に開花し、花径2cmくらいで、白に空色または青紫色の深い覆輪で、中心部に黒い点が5つある。
属名は「林を愛する」の意味で、茂みの中の明るい日だまりに自生していることによりそう呼ばれている。

 

 

アクセスデーター

住所 〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
TEL 0799-72-2000
営業時間 9時30~18時(最終入園17時)
入園料 大人450円、子供(中学生以下)無料

 

MAP

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください