国営明石海峡公園で珍花「アオノリュウゼツラン」開花

トリップアドバイザー

国営明石海峡公園で珍花「アオノリュウゼツラン」開花

 

 

 

国営明石海峡公園(兵庫県淡路市夢舞台)で数十年に1度しか開花しないとされる多肉植物「アオノリュウゼツラン」2株が見頃を迎えている。

アオノリュウゼツランはメキシコ原産で、鋭く長いとげを持つ長さ2メートルほどの葉を竜の舌に見立てて、その名が付けられました。

寿命は数十年で、命が尽きる最後に1度だけ花を咲かせた後、根元に小さな子株を残して枯れてしまいます。

2株は5月末ごろ、茂った葉の中に花茎が伸びているのが見つかり、花茎は上に向かってどんどん成長していきました。

7月下旬には、茎から分かれた多数の枝先に小さく黄色い花が咲き始め、現在の高さは8メートルほどに、花は今月中旬ごろまで見ごろ。

なかなか見れれない花を2株同時に観察できる貴重な機会ですから、是非お勧めです。

午前9時半~午後6時(最終入園は午後5時)。

大人450円など。同園TEL0799・72・2000


 

MAP

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください