世界遺産調査「鳴門の渦潮」

スポンサードリンク




世界遺産登録に向け、「鳴門の渦潮」の調査が、「兵庫・徳島『鳴門の渦潮』世界遺産登録推進協議会」による、基礎資料準備が始まった。

同協議会は兵庫、徳島両県と関係各市、民間団体などで2014年に結成したもので、世界遺産としての渦潮の「普遍的価値」を証明する学術調査や、情報発信に取り組んでいる。

自然分野は兵庫側、文化分野は徳島側が担当している。



今月の調査は8、20日の2回に分けて実施。鳴門海峡にヘリコプター、ドローンを飛ばして渦潮を上空、低空から撮影し、衛星利用測位システム(GPS)を付けたブイを船から流して渦潮の流速などを測定する。

また、大鳴門橋の主塔にカメラを取り付け、定点撮影して渦潮の発生から消滅までの変化をとらえる。

 

 

 

 

渦潮は潮の干満によって起こる現象で、鳴門海峡では瀬戸内海と太平洋の水位差、海底の複雑な地形の影響から、大きく、流れの速い渦が発生する。

大潮の際の渦の直径は最大30メートル、流速は20キロに達するといわれ、渦の大きさは世界でも最大規模とされる。

流速では「世界三大潮流」に数えられることもある。

世界遺産登録によって、四国とともに、淡路島へのインバウンドも、見込めるだろう。
また、多くの観光客が訪れることをともに期待したい。

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA