ゲームデザイナー、堀井雄二さん兵庫県洲本市の名誉市民の称号

トリップアドバイザー

ゲームデザイナー、堀井雄二さん兵庫県洲本市の名誉市民の称号

人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親として知られるゲームデザイナー、堀井雄二さんが、故郷・兵庫県洲本市の名誉市民の称号を受けた。

同市文化体育館で開かれたドラクエオーケストラコンサートにゲストとして登場。

全国から集まったドラクエファンや地元関係者の拍手に包まれながら、笑顔で顕彰状を受け取った。



堀井さんは同市本町出身、洲本高校から早稲田大学に進学し、雑誌などのフリーライターを経てゲームデザイナーに転身した。

10年前からふるさと納税制度を使って市に高額寄付を続けており、同制度の返礼品にドラクエグッズを加える際も市の依頼を快諾。
第1作発売から30周年となった昨年には、ゲームの世界観を再現する地元での特別展開催に協力した。

同市の名誉市民は堀井雄二さんで、12人目となる。

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください