ウーバーのタクシー配車実験、淡路島で始まる。

トリップアドバイザー

ウーバーのタクシー配車実験、淡路島で始まる。

 

 

兵庫県淡路島内のタクシーに、米配車大手ウーバー・テクノロジーズの配車アプリを導入する実証実験が21日、島内で始まった。

アプリを活用し、島外から訪れた人や外国人観光客らが気軽に移動できる環境を整える。同社とタクシーとの連携は国内初。

実証実験は観光客らの移動手段を確保し誘客につなげようと淡路県民局が実施する。

ウーバーは世界の600以上の都市で、約50の言語でアプリを提供。海外では一般ドライバーが自家用車を使って客を運ぶ「ライドシェア」事業で成長したが、日本国内では「白タク行為」として法に抵触するため、今回、タクシー業界と連携することになった。



乗客はアプリをダウンロードして利用。現在地を入力し配車が確定すれば、ドライバーや車両番号、予想料金や目的地への到着時刻などが事前に分かる。運賃はアプリを通じてクレジットカードで決済される。

実証実験に参加するのは島内のタクシー会社9社の40台。車内にウーバーのアプリが入った端末を搭載し、ドライバーは約1カ月間の研修を受けた。

実証実験は来年3月末まで行われ、利用動向を検証する。

お問い合わせは、同県民局県民交流室未来島推進課TEL0799・26・2014

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください