「第38代クイーン淡路」3人決まる!淡路島をPR

トリップアドバイザー

「第38代クイーン淡路」3人決まる!淡路島をPR

神戸新聞より

観光大使として兵庫県の淡路島の魅力をPRする「第38代クイーン淡路」の最終審査が、洲本市文化体育館であり、会社員松村美優さん(23)=淡路市、バレエ教室指導助手藤田真礼さん(23)=洲本市、空港のグランドスタッフ尾上愛沙美さん(23)=大阪府大東市=が選ばれた。任期は1年。3人は選任式に臨み、「淡路島のファンを増やしたい」と意気込んだ。

淡路島観光協会が昨年12月~今年1月に募集。島内外の13人から応募があり、書類審査を経て9人がこの日の面接に臨んだ。

例年選出するのは2人だが、今年は3人の熱意を買い異例の採用となった。



淡路市で生まれ育った松村さんは学生時代には海外にも留学。

神戸市垂水区出身の藤田さんは祖父母の出身地である洲本市へ移住して選考に臨み2度目の挑戦がかなった。

祖母が淡路市で暮らす尾上さんは、幼い頃から島へよく遊びに来ていたといい「食べ物が好き。これからの体験で得る感動をそのまま発信したい」と話す。

3人の初仕事は、3月17日に福良港(南あわじ市)である「淡路島びらき うずしおまつり」。観潮船の1日船長を務める。

今年一年、各々の個性を生かし淡路島PRに活躍してくれるだろう。

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください