「淡路島七福神霊場」「福禄寿・長林寺」カラフルな階段アート可愛い福禄寿さまがお出迎え

トリップアドバイザー

「淡路島七福神霊場」「福禄寿・長林寺」カラフルな階段アート可愛い福禄寿さまがお出迎え

「淡路島七福神霊場」の一つとして知られる兵庫県洲本市五色町都志万歳の「福禄寿・長林寺」の参道に、カラフルな階段アートが登場した。

同寺の寺守、太田恵弘さんの依頼を受けた淡路市志筑の広告業「アディック兵庫」が製作。

七福神巡りの五番霊場として多くの参拝客が訪れる長林寺だが、小高い丘に位置するため公道から見えず、目立つ門構えもない。「寺に気付かずに通り過ぎる人もいる」と悩んだ太田さんは、古くから看板製作で縁のあったアディックに相談、同社の森健治代表が「トリックアート(だまし絵)を階段に描いては」と発案し、妻でグラフィックデザイナーの孝子さんが図案を考えた。

「子どもでも親しみやすいように」と優しいタッチの福禄寿をデザイン。

右手につえと巻物を持ち左手には「知恵の玉」、鶴と亀を引き連れにっこりとほほ笑む。

石や壁などに貼り付ける特殊なシート素材にペイントし、段差の面に11枚を貼り付けた。

正面から見たときにだけ福禄寿さまが完成する。

階段の横には、遠くからでも目に付くように高さ3メートルの立て看板も設置した。

孝子さんは「思い切ったアイデアだけど喜んでもらえて良かった。写真撮影のスポットにも最適」と満足そう。

太田さんは「神様が真ん中、人は端を歩く-というお参りの作法も学ぶことができる。良い道しるべになるよう願っている」とうれしそうに話す。

 

淡路島七福めぐり 長林寺(福禄寿さま)


 

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください