「淡路カントリーガーデン」全身真っ黒のヒツジの赤ちゃんが誕生

トリップアドバイザー

「淡路カントリーガーデン」全身真っ黒のヒツジの赤ちゃんが誕生

神戸新聞より

動物との触れ合いやイチゴ狩りを体験できる観光施設「淡路カントリーガーデン」(兵庫県淡路市野島常盤)で、全身真っ黒のヒツジの赤ちゃんが誕生した。

成長すると、頭と四肢が黒く体は白い羊毛で覆われる「サフォーク」種で、週末から公開されている。

黒い姿が見られるのは今の子供の時だけ、この機会を見逃さないで!!

開演当時から飼っている、全身が白い「コリデール」種2頭が年老いたため、サフォークの導入を決定し、昨年5月、岡山の施設から生後3カ月の2頭を購入し、雄を「フォーク」、雌を「スプーン」と名付けた。

2頭は順調に育ち、今年3月1日、スプーンが雌の赤ちゃんを出産。生まれた時は全身が短い黒毛で覆われていたが、徐々に白みを帯びている。スプーンの後を追って元気に走り回る姿が人気を呼んでいる。

午前10時半~午後5時。水曜定休。入園料は中学生以上400円、小学生以下200円、3歳未満無料。イチゴ狩りは要予約。同施設TEL0799・82・2953

 

MAP

 

 

淡路島 ファミリー(家族)で泊まるならここがおすすめ

これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめトラベルグッズ

 

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください