淡路島七福神めぐり 宝生寺(寿老人様)

スポンサードリンク




淡路島を宝船に見立てて淡路島七福神めぐりをするのが、有名。

淡路島七福神霊場宝生寺のご紹介。

淡路島七福神霊場の一つで、寿老人を御祀りしています。達者で長寿を授ける御寺。

imgp1466

七福神めぐりののぼりがかけられてます。

石段がつらい方は、この右側から(少し坂道ですが)石段を使わずにお参りできます。

Jpeg

 

imgp1464

 

 

 

 

 

 

ここからが坂道になってますが、小さい車なら上まで行くことができます。お足の悪い方はこちらの方がいいでしょう。

 

 

 

 

宝生寺

御由緒

天平十三年(740)、聖武天皇の勅命をうけ、僧行基が淡路島に建立を祈願し、自から刻まれた地蔵菩薩を安置したのが創まりで、「日限地蔵尊」と崇められ、霊験あらたかな尊像として、多くの人に親しまれてきました。境内にある長寿橋を渡れば10年長生きができるといわれています。

寿老人の御利益

寿老人さまは寿老神とも書き、長寿の神様で老子の化身とも言われています。

長命、富財、与宝、諸病平癒の神でもあります。人々の安全と健康を守ります。

桃は若さのシンボル。「西遊記」に孫悟空が桃の木から長寿の実をとり、元気を取り戻したことは有名な逸話です。

寿老人さまのもつ桃は、美しく歳をとり、美しく老いていくことの大切さを示しています。

また、鶴と亀と鹿は長寿のシンボルとされています。美しく齢を重ねるには日常、鶴のごとく美しく、亀のように耐える勇気をもち、鹿のように注意深く、俊敏にということなのです。

 

祭り

寿老人長寿延命祭(毎年5月13日)

 


Jpeg

 

境内にある長寿橋は有名で、参拝に来られた方は必ず渡られますが、これがかなりの急な橋です。

(橋自体は小さいのですが、傾斜がきつい気を付けてわたって

 

 


おまけ

Jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでもおみくじ引いてきました。「ほんとにこりないなぁ^^」

 

気は長く 心は丸く 腹をたてず 口をつつしみ 命長らえる だそうです!

大きなお寺ではありませんが、お説法が楽しくお上手です。

 

ハッピー券

ハッピー券

 

 

 

 

 

 

 

七福神参拝には奉納金(200円)を上納、淡路島七福神ハッピー券もらっちゃいました。

七か所の朱印をもらうと記念品をいただけます。

駐車場から坂と階段があります。お足の悪い方は、上の駐車場を利用するのがいいでしょう。

淡路島七福神めぐり 宝生寺最後まで一読ありがとうございました。参考になったでしょうか?

またの私のブログへのご訪問お待ちしています。

京阪神から、淡路島七福神めぐりツアーのバスが出てます。



 

詳細

 

 

 

住所 〒656-2143 兵庫県淡路市里326
TEL 0799-62-2905
FAX 0799-62-2691
営業時間 8:00〜17:00
休み 無休
備考 お参りは無料・七福神参拝には奉納金(200円)を上納されると、淡路島七福神ハッピー券がもらえます。七福神御影入宝帳:ご染筆、宝印代を奉納(帳代は別途購入)

七福神御尊軸:ご染筆、宝印代を奉納(御尊軸代は各寺にて別途購入)

 

 

 

 

 

%e6%b7%a1%e8%b7%af%e3%81%b2%e3%81%a1%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%81%98%e3%82%93

 

 

 

 

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク





にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

二つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA