淡路島パワースポットおのころ島神社

スポンサードリンク




 淡路島パワースポットおのころ島神社

当おのころ島神社は、古代の御原入江の中にあって伊弉諾命・伊弉冉命の国生みの聖地と伝えられる丘にあり、古くから「おのころ島」と親しまれ崇敬されてきました。

古事記・日本書紀によれば神代の昔国土創世の時、二神は天の浮橋にお立ちになり、天の沼矛を持って海原をかき回すに、その矛より滴る潮がおのずと凝り固まって島となる、これが自凝島である。

二神はこの島に降り立たれ、八尋殿(やひろでん)を建て 先ず淡路島を造り次々と大八洲(おおやしま)を拓かれたと記されています。

当神社には伊弉諾命・伊弉冉命の二神がお祀りされており、縁結び、安産の神として知られています。また、この二神は天照大御神様の親神様です。

 

 

 日本一大きな大鳥居
Jpeg

昭和57年3月に建立された、高さ21.7mの朱塗りの大鳥居が目を引きます。

横に駐車してる乗用車との比較で大きさがよくわかると思います。

 

 

 招福の松葉 『三鈷(さんこ)の松』
Jpeg

大鳥居を潜るとすぐ脇に大きな松の木があります。
通常の松葉は2つに分かれていますが、自凝島神社の松葉は3つに分かれています。とても珍しく縁起物とされています。

 

 

 

 縁結びの絵馬
imgp1392

縁結び、安産の神として知られているので、全国各地からカップルの方がお参りに来られています。

ハート型の絵馬がかわいいですね。

 

 

 

アクセス

おのころ島神社
〒656-0423 兵庫県南あわじ市榎列下幡多415
TEL0799 42 5320
 

淡路島宿泊最安値☞ホテル・旅館を検索 [Yahoo!トラベル]

おすすめ旅行グッズ☞これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめグッズ

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
ランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA