今日の気になる記事 三年トラフグPR

スポンサードリンク




今日も一つ気になる記事をみつけました。淡路島グルメとして有名な三年トラフグのPRイベントがおこなわれました。

通常二年の養殖期間を三年まで十分に太らせて出荷される。

またことしもおいしい季節がやってきました。三年トラフグは島内宿泊施設また、専門店でご賞味できますので、ぜひご来島の際には、どうですか?

ふぐ

 

 

3年かけて養殖した淡路島のトラフグをPRするイベント「淡路島3年とらふぐ祭り」が27日、兵庫県南あわじ市福良丙の福良漁業協同組合で開かれた。逸品料理が振る舞われ、観光客や住民らが引き締まった身の食感と濃厚なうま味を堪能した。

 

 養殖期間は通常2年だが、島南部の福良湾では3年で十分に太らせて出荷。「淡路島3年とらふぐ」のブランドを売り出そうと、「いいフグの日」(11月29日)に合わせて同漁協などが主催した。
 フグの歯切り作業を子どもが体験し、ニッパーで「パチン、パチン」と切断。てっさやてっちりの振る舞いには長い列ができ、あちらこちらで「おいしい」と声が上がった。
 会場を盛り上げたのは、大皿のてっさをひと箸ですくえただけ食べられる企画。観光大使「クイーン淡路」とのじゃんけん大会を勝ち抜き、豪快にほおばった神戸市須磨区の自営業(42)は「普通のフグよりも味に深みがある。最高の食べ方ができた」とほくほく顔だった。(神戸新聞)

 

 

 

淡路島観光

じゃらんnet



旅先では何があるかわかりません。

万が一に備えて保険を掛けることをお勧めします。

 

 

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク





じゃらんnet

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

二つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA