淡路島観光 淡路島トリビア淡路島に電車が走っていたことがある。

スポンサードリンク




昔、淡路島に鉄道が走っていたことがある。

淡路鉄道

淡路鉄道は、淡路島で鉄道路線を運営していた鉄道事業者だ。

淡路鉄道

資料館よりお借りしました。

 

 

 

 

awajsima

資料館よりお借りしました。

 

 

awaisima

資料館よりお借りしました。

 

 

会社は、1914年対象3年に設立、1922年に大正11年に一部区間営業を開始。

1943年賞は18年戦時中の交通統制で全淡自動車と統合され淡路交通となった。

その後自動車の普及が進み、旅客・貨物ともに低迷、同時に進行していたバス部門の充実に同社が重きに置くようになる。

1965年9月に集中豪雨により、鉄道路線が寸断、その間代行バスへと移った乗客が鉄道復旧後も戻らず、これ以上の鉄道存続が困難と判断され、運営していた路線は1966年昭和41年に廃止された。

歳がばれますが、私は、この鉄道に乗った記憶がかすかではある。

よほどその当時の記憶が衝撃的だったのか3.4歳の記憶が今でも残っている。

廃線跡は1980年代前半まで線路と橋脚が取りのぞかれた程度であったが、現在は大部分が道路となって整備されている。現在の淡路交通宇山車庫(バス)は当時は鉄道の車庫で、淡路交通の本社がある旧洲本バスターミナルは当時の洲本駅だ。

現在の淡路交通宇山車庫と旧洲本バスターミナル

淡路交通宇山車庫

淡路交通宇山車庫

 

淡路交通の本社がある旧洲本バスターミナル

淡路交通の本社がある旧洲本バスターミナル

 

 

 

 

 

淡路島に鉄道を敷設しようという計画は、明治時代から存在し、1911年(明治44年)には賀集新九郎ら地元の資産家ら25名によって洲本 – 福良間の敷設免許が国に申請された。翌年免許され、1914年(大正3年)に淡路鉄道として資本金45万円で設立された。しかし、旱魃などによる資金難や第一次世界大戦時の物価上昇などで工事は遅れ、政府の補助金などの援助もあってようやく当初予定の区間(洲本口 – 市村 16km)を開業させたのが1922年(大正11年)11月22日で乗客と貨物を扱う淡路島初の蒸気機関車による鉄道運行が開始され、全通したのは1925年(大正14年)であった。1924年当時の運行状況は洲本口始発午前6時、最終便午後11時6分1日10便、洲本口 – 賀集間を1時間5分で結んでいた。1931年(昭和6年)からはガソリンカーによる運行に代わった。1942年(昭和17年)淡路交通と改称する。(Wikipedia



 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク





じゃらんnet

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

二つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA