淡路島紅葉おすすめ 東山寺

スポンサードリンク




縦に長い淡路島ですから、紅葉の時期は北と南では見ごろがずれています。そのおかげで、11月下旬から12月上旬と見ごろが、長いのが特徴かもしれません。今回は、北に位置します。淡路島では、紅葉と言ったらここと言われるくらい有名な東山寺のご紹介です。

 東山寺

 

東山寺は、嵯峨天皇の弘仁10年(820年)弘法大師がいざなぎ神宮の鎮護と庶民信仰の中心として開祖された由緒ある寺院です。
奥の院の麓に伽藍が建っていたものが、戦国時代の不慮の火事で焼失し、弘安8年(1286)466年後の時を経て現在の場所に再復健されました。

本堂

現在の本堂及び山門は室町時代淡路守護職(三原養宜館主)細川頼春が寄進されたもので、淡路最古の木造建築物です。

 

本尊


本尊は千手観音で一木三体の名作と伝えられ、島内の常隆寺、千光寺とは木兄弟だそうです。
外に別尊として、国宝指定の薬師如来と一二神将を奉祀しています。

 

見ごろ

紅葉の見ごろは11月下旬~
この地は、あわじ花へんろの19番札所にあたり、春のサクラや5月のフジ、11月下旬からのイロハモミジの紅葉が美しく、多くの参拝客で賑わっております。
紅葉まつりの頃には、紅葉のライトアップもあります。
また、近隣で作られる東山寺大根も有名です。

 

 

東山寺

 

 

東山寺

 

 

東山寺 東山寺 東山寺 東山寺

(昨年度のお写真お借りしました)

 詳細

 

料金 参拝無料、一部本尊の仏像拝観700円(境内自由)
駐車場 無料駐車場
住所 〒656-2221 兵庫県淡路市長澤1389
TEL 0799-64-1185

 

 

スポンサーリンク



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

二つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA