淡路島 観光 淡路島をすべて無料で楽しもう!!

淡路島に旅行に行きたい!

 

 

でもお金がかかる!!

 

で、も、ね、お金を掛けなくっても楽しむことができるのが淡路島。

 

全て無料で淡路島を楽しみましょう。

 

今回は、淡路島観光を無料で楽しむことができるプランのご紹介

日帰り北淡路島編

 

ドライブ
おすすめ旅行行程

 花桟敷

北の玄関である淡路ICを降り、NHK朝ドラのロケ地となった淡路花桟敷、季節の花が所狭しと咲き誇るここ花桟敷は淡路島北部丘陵地域の頂上部、標高298~235mの海に向かってなだらかに広がる高原に一面の花畑が広がります。(面積約15ha)

見晴らし最高遠くには明石海峡大橋を望むことができ、眼下に見下ろすお花畑を桟敷席からご堪能ください。

Jpeg

 

 

道の駅あわじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 詳細

所在地 兵庫県淡路市楠本2865-4
面積 約15ha
開園年月日 平成10年4月4日
開園時間 9:00~17:00
休園日 年末年始
入園料 無料(駐車場も無料)

 

 

 

 

 

 


 

 道の駅あわじ

 

道の駅あわじ、淡路島の最北端に位置し、世界一の明石海峡大橋のたもとにあります。

まわりは海に囲まれており、海をテーマとしたグルメが人気。

一番人気は生しらす丼。淡路牛バーガーや淡路島玉ねぎも好評です。
付近一体の総称が「松帆アンカレイジパーク」(入場無料)。

明石海峡大橋の淡路島側アンカレイジ作業跡地に広がる公園です。

ドッカリと地球に腰をすえ、明石架橋のメインロープを引っ張っている巨大建造物「アンカレイジ」が園内にそびえており、世界No.1のスケールが体感できます。

 

道の駅淡路

 

 

 

 詳細

  1. 本州から
    明石海峡大橋を渡ってすぐの淡路ICから県道を松帆方面へ3分。
  2. 四国から
    大鳴門橋を渡り淡路縦貫道を北上1時間、淡路ICから県道を松帆方面へ3分。
 路 線 名  主要地方道 福良江井岩屋線(県道31号)
 所 在 名 兵庫県淡路市岩屋1873-1
 T E L 0799-72-0001 (FAX 0799-72-2214)
開設時間 9:00~17:30
 休館日  無休トイレ・駐車場・公衆電話は24時間利用できます。
トイレ 男性 23器
女性 20器
ベビーベッド2 台
駐車場  80台 [大型車10台/普通車70台]

 

 

 

 


 

 いずも庵

左に海を眺めながらドライブ、昼食は、淡路島グルメで有名な「いずも庵」で一番人気淡路まるごと “タマネギつけ麺 華”(880円)

特製の細ちぢれ麺に、こだわりダシで淡路島のうまいをご賞味ください。

かつおやさばなどの自然の風味豊かなだしの中には大きな玉ねぎがどかんと丸々1個。

細かく包丁を入れ、衣をつけてじっくり低温10分揚げる。

すると玉ねぎの甘みが凝縮され閉じ込められる。

花がパッと咲いたように見えるのがポイント!

これをナイフで切り崩しながら、特製だしと細ちぢれ麺をからめて一緒に口へ運ぶ。

漂う香ばしさと茶色の焦げ目が食欲をそそります。

 

 

Jpeg つけ麺

 

 

 詳細

 

 

住所 淡路市志筑3522-1
電話番号 0799-62-6002
営業時間 午前11時~午後8時午後3~5時準備中)
定休日 毎週木曜日(祝祭日は営業・翌日休)

 

 

 


 

 伊弉諾神宮

 

日本最古の神社伊弉諾神宮にご参拝

 

日本最古の神社として有名な伊弉諾神宮。古事記、日本書紀にも登場する由緒ある神社です。
国つくりの神とされるイザナギとイザナミを祀られ、夫婦大楠や、左右の目から神が生まれた事に由来した左右神社があります。
Jpeg

 

伊弉諾神宮とは、伊弉諾神宮は、古事記・日本書紀の冒頭にその創祀を記し、神代の昔に伊弉諾大神 が、御子神の天照皇大御神に統合の権限を委ね、淡路の多賀の地に「幽宮(かくりのみや)」を構えて余生を過された神宅の旧跡と伝えられてゐます。ここで終焉を迎へた伊弉諾大神は、その宮居の敷地に神陵を築いて祭られました。これを創祀の起源とする最古の神社が伊弉諾神宮です。明治以前は、神陵の前方に本殿がありましたが、明治初年の国費により造営で、神陵の墳丘を整地して本殿を真上に移築し、現在の景観に整へました。
平安時代の延喜式の制では、名神大社。三代実録には神格一品。明治の制度では官幣大社に列格し、古くから淡路國の一宮と崇められ、地元では日本第一番の宮であることから「いっくさん」とも呼ばれます。また日之少宮、津名明神、多賀明神、淡路島神、一宮皇大神とも別称されてゐます。
昭和二十九年に、昭和天皇が「神宮号」を宣下されましたので、伊弉諾神宮と改称し、兵庫県下唯一の「神宮」に昇格しました。(公式HP)

 

 

 

 詳細

 

 

住所 兵庫県淡路市多賀740
TEL 0799-80-5001
FAX 0799-80-5021
 営業時間  社務所は8:30~17:00
 料金  無料
駐車場 無料

 

 

 


 

 

 赤い屋根

 

赤い屋根で淡路島のお土産を拝見。

「新鮮な商品をリーズナブルな価格で!」をモットーに。農産物(四季の花・野菜・果物など)、海産物(いかなご・ちりめん・くぎ煮・ちりめん山椒など)、銘菓、生産高日本一のお線香など、淡路島の特産品が勢揃いした総合物産センターです。バリアフリーのトイレ設備が充実しています。 お気軽にお立ち寄りください。また商品の発送も行っております(公式HP)

このでは、淡路島といえば玉ねぎですよね。そのなかでも、果物と変わらないくらいの糖度を誇る玉ねぎが売られていますので、ご試食されてはどうでしょうか?

 

 

赤い屋根 imgp1153

 

 詳細

 

住所 淡路市中田4139-4
TEL 0799-62-7245
FAX 0799-62-7246
営業時間 9:00~17:00 飲食は11:00~22:00
定休日 不定休

 

 

 

 


 

 

 たこせんの里

 

たこせんの里で無料のコーヒー、お茶等をいただき、ご休憩。

ここ、蛸せんべいの製造直販所ですから、お土産にたこせんべいは、どうでしょうか?

 

 

たこせんの里 たこせんの里 たこせんの里

 

 

 

 

 

 

 

 

 詳細

 

住所 兵庫県淡路市中田4155番1
TEL 0799-60-2248
営業時間 9:00~17:00 年中無休(但し大晦日は15:00まで)

 


まとめ

交通費お食事代お土産代以外すべて無料で淡路島を楽しめるプランのご提案どうでしょうか?

お時間御予算に合わせてご旅行行程をアレンジされ淡路島観光を存分にたのしんでくださいね。

最後までご一読ありがとうございました。

また、このようなプランご提案いたしますので、次回のブログへのご訪問お待ちしております。

淡路島 観光 おすすめプランでした。

スポンサーリンク



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

二つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA