淡路島花火大会 花火5千発、初の一尺玉も 23日淡路市夏まつり

スポンサードリンク




「第12回淡路市夏まつり」

 

「第12回淡路市夏まつり」が23日、兵庫県淡路市夢舞台の国営明石海峡公園である。

花火大会や、小学生による模擬店、移動動物園など多彩なイベントを繰り広げる。

市や市商工会、淡路島観光協会などでつくる実行委員会が市発足時から続ける。芝生広場では、子どもたちが商売の面白さと厳しさを学ぶ「キッズあきんど」を出店。ウサギやポニーなどを集めた移動動物園が来場する。


ステージでは、津名中学校や津名高校の生徒たちが太鼓やブラスバンドの演奏を披露。婦人会のメンバーは淡路市民の歌「輝く淡路市」の音頭に合わせ、踊りの輪をつくる。

 

 

クライマックスの花火大会(午後8時から30分間)では、同市で初となる一尺玉約40発を含む約5千発が夜空を染める。園内のビジター棟では「昆虫フェスタ」を開催中。淡路口駐車場では、吹き戻し作り体験や緊急車両展示会もある。

 

 

午前10時~午後9時。当日は入園無料で、淡路口駐車場も無料となる。同公園TEL0799・72・2000

 

スポンサーリンク








人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA