淡路島観光 静の里公園

スポンサードリンク




花と緑、歴史とロマンあふれる津名地区は、かの源義経との悲恋で名をとどめる静御前隠棲の地でもある。

戦乱の世に、悲しくも強く生きた静御前の徳を偲んで、その霊廟を中心に整備された静の里公園です。

IMGP1197.JPG

静御前とは?

静御前
しずかごぜん

生没年不詳。源義経(よしつね)の妾(しょう)。磯禅師(いそのぜんじ)の女(むすめ)で、もと京都の白拍子(しらびょうし)であった。

義経が京都堀川第(ほりかわだい)で兄頼朝(よりとも)の刺客土佐房昌俊(とさぼうしょうしゅん)に襲われたとき、機転によって義経を助けた。

以後、義経に従い大物浦(だいもつのうら)(兵庫県尼崎(あまがさき)市大物町)から吉野山に逃れたが、山僧に捕らえられて鎌倉に護送された。

鎌倉では義経の所在に関して厳しい訊問(じんもん)を受けたが、静は固く沈黙を守ったという。

頼朝の妻北条政子(まさこ)は、静が舞の名手であると聞き、鶴岡八幡(つるがおかはちまん)の神前でこれを舞わせた。

工藤祐経(くどうすけつね)が鼓を打ち、畠山重忠(はたけやましげただ)が銅拍子(どうびょうし)を勤めた。静はこのとき、「吉野山峰の白雪ふみ分けて入りにし人の跡ぞ恋しき」「しずやしず賤(しず)の苧環(おだまき)くりかへし昔を今になすよしもがな」と、義経への慕情を歌ったため、頼朝の不興を買ったが、政子のとりなしによって事なきを得た。

やがて静は一児を生んだが、頼朝はこれを鎌倉由比ヶ浜(ゆいがはま)に捨てさせた。静を主題とした謡曲に『吉野静』『二人静(ふたりしずか)』があり、浄瑠璃(じょうるり)に『義経千本桜』がある

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

 

 

 

静の里公園

IMGP1189.JPG

緑豊かな園内には静と義経を祀る霊廟を始め、史料館、茶室、高さ15mの相輪の宝塔などがあり、堀には錦鯉が泳ぎ四季折々の表情を見せ、訪れる人に安らぎのひとときを与えていくれます。

あたりは、山の麓に整備され街の中心から外れているせいか静かで小鳥の囀りがあたりに響いていました。

入園無料ですから、観光の際には、お気軽に訪れてください。

もちろん駐車場も無料です。

ここは、安産・技芸熟達を祈願する参拝者が多く。11月7日には静御前の供養祭が行われています。

 

 

 

静御前の墓

IMGP1198.JPG
源義経との恋に生きた静御前の墓は日本各地に存在するが、この地も江戸時代から有名な場所です。

 

2基並ぶ宝篋印塔(ほうきょういんとう)のうち、右が源義経、左が静御前の墓と言われています。

 

静は鎌倉で義経との子を殺されたが、命を助けられ、頼朝の妹の夫、一条能保に預けられたと伝承されています。

 

また、一条家の荘園が志筑にあったためここに隠れ住み、1211(建暦元)年の冬に47歳で没したため、供養として宝篋印塔が建てられたと伝えられています。

 

現在周辺は静の里公園として市民に親しまれ、多くの観光客が訪れ、
墓に詣でれば技芸に熟達する、また美貌の児を授かるといわれます。

 

 

 

源義経公の墓

IMGP1199.JPG

 

 

 

静御前の墓

IMGP1200.JPG

 

 

 

IMGP1204.JPG
お線香をあげてきました。

 

 

 

静御前の歌

静御前(菊池容斎画、明治時代)

吉野山 峯の白雪 ふみわけて 入りにし人の後ぞ恋しき しづやしづ しづのおだまき くり返し 昔を今になすよしもがな
《吉野山の深い雪を踏み分けて去っていったあの方。あの日、お別れし たお姿が今も恋しくてならないのです》 
《「静よ、静よ」いつも優しくそう呼んで下さった。愛しいあの方が華やかに ときめいていらした、あの頃に戻ることが出来たなら……》

 

どちらも切ない恋情が溢れるような美しい歌です。

 

 

 

 

 

アクセスデーター

住所 〒656-2131  兵庫県淡路市志筑795-1
営業時間 開園時間:9:30~17:00 静の里公園(休園日 12月28日~1月3日)
開館時間:9:30~17:00 史料館(休館日 毎週月曜日、12月28日~1月3日

 

地図

 

 

 

淡路島宿泊最安値☞ホテル・旅館を検索 [Yahoo!トラベル]

おすすめ旅行グッズ☞これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめグッズ

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

二つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA