淡路島お土産 バレンタインにどうですか?

スポンサードリンク




お正月気分も抜け平常の生活に戻りつつありますか?

そういえば、

そろそろ

バレンタインですね♪

でも、バレンタインってなに??

バレンタインとは?

 

ローマ帝国発祥説

バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼるとされる。

当時、ローマでは、2月14日は女神・ユノの祝日だった。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもある。翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日であった。当時若い男たちと娘たちは生活が別だった。祭りの前日、娘たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れることになっていた。翌日、男たちは桶から札を1枚ひいた。ひいた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていた。そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚した。

ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、兵士たちの婚姻を禁止したと言われている。キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は、婚姻を禁止されて嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、彼らのために内緒で結婚式を行っていたが、やがてその噂が皇帝の耳に入り、怒った皇帝は二度とそのような行為をしないようウァレンティヌスに命令した。しかし、ウァレンティヌスは毅然として皇帝の命令に屈しなかったため、最終的に彼は処刑されたとされる。彼の処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論である。(Wikipedia)

 

 

兵士たちに当時禁止されていた婚姻を皇帝の命に屈せずに行った為に、

処刑された祭司ウァレンティヌス(バレンタイン)からとったんですね♪

 

 

 

そこで

バレンタインに、何を送ろうかとお考えの

あ、 、 た!!

今年は

いつもと違ったのは

ど、 う、 で、 す、 かッ!!

 

で、こなんかおすすめ♪

淡路島のお土産で定番の、オレンジチョコレート

でも、遠くて買いに行けない!!

でも、だ、い、じょうぶ♬

こちらのなら、通販でも手に入りますから

 

ご安心(^^♪

 

「あわじオレンジスティック」

 

全国菓子博覧会で最優秀賞(名誉総裁賞)を受賞

『あわじオレンジスティック』

オレンジの皮の苦みと砂糖の甘さ、チョコレートの苦みと甘み、

 

それと仄かに感じる酸味で、濃厚で複雑な味なのですが、

 

ヒョイっとつまんでパクッと食べられます。

 

コーヒー、お酒やワインのお供に最適ですから、

 

送られた男性には喜ばれますよ♬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あわじイチジクチョコレート」

 

太陽をいっぱいに浴びて育ったいちじくは、

赤ワインと蜜漬けされてしっとりとしたドライに仕上げてあります

一箱でホワイトチョコレートとビターなチョコレートと2種類が楽しめて、

一箱で二度おいしい商品

で、も、ね。

これ残念なことに秋から春にかけての限定商品

手にはいるのは今だけ

ぜひてにいれてください。

 

 

 

 

 






 

スポンサーリンク



スポンサーリンク





じゃらんnet

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

二つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA