夏休み家族旅行 第46回八幡浜みなと花火大会

スポンサードリンク




第46回八幡浜みなと花火大会
港内から打ち上げられる大小さまざまな約4500発

愛媛県八幡浜市の八幡浜で、夏の風物詩として定着している花火大会。港内から打ち上げられる大小約4500発の花火が、真夏の夜と八幡浜港の海面を華やかに照らし出す。
海を彩る花火大会。伝統行事「柱祭り」も見逃せない
八幡浜の港の出島から打上げられる約4500発の花火。単発やスターマインを織り交ぜた夏の風物詩は海の男たちのように力強く、鮮やかな印象を与える。花火大会前日に催される五反田の柱祭りは、高さ20mの柱の先につけたかごに、火のついたたいまつが投げ入れられる、勇壮な祭りとして知られる。「愛媛のまつり50選」にも選ばれているこの伝統行事は400年の歴史を誇っている。
花火打上情報
花火打上日
2016年8月15日(月)※雨天時:小雨決行、荒天時は翌日に順延
打上時刻
20:00~21:00
打上数
約4500発
例年の人出
5万人