2017年淡路島GW渋滞予想最長45キロも?!

スポンサードリンク




そろそろゴールデンウイークが近くなってきました。

自動車で、淡路島への観光を予定してる方もおおいいるとおもいますが、

ここにきて、ビックリな発表がだされた。

本州四国連絡高速道路が、4月28日~5月7日の黄金週間の渋滞予測を発表。

その中で、ビックリな数字がでています。

ピーク時には、最長45キロの渋滞が予想されているそうです。

45キロですよ!!

淡路島へのアプローチは、橋一本ですから仕方ないかもしれませんね。

淡路島への観光を計画されてる方は、早めの到着そして、早めの帰宅がいいかもしれませんね。

情報元朝日デジタル

本州四国連絡高速道路は、4月28日~5月7日の黄金週間の渋滞予測を発表した。

神戸淡路鳴門自動車道の上りで、明石海峡大橋を挟んで最大45キロ渋滞するとしている。今年は3~7日が5連休のため、同社はこの期間中に渋滞が発生しやすいとみている。

最大45キロと予測されているのは、6日午後2~11時(ピークは午後7時)、上りの洲本インターチェンジ(IC)~垂水ジャンクション(JCT)間。6日は黄金週間最終日の前日で、特に淡路島から関西方面に戻る車が多くなるとみられている。

そのほか、4日午前10時~午後2時(ピークは正午)、下りの垂水JCT~淡路ICで10キロ▽4日午後5~9時(同午後8時)、上りの東浦IC~垂水JCTで15キロ▽5日午後5~9時(同6時)、上りの北淡IC~垂水JCTで25キロ▽7日午後4~6時(同5時)、上りの東浦IC~垂水JCTで15キロ。

昨年の渋滞は4日夜と5日夕、上りで舞子トンネル出口付近を先頭にいずれも35キロだった。同社の担当者は「早朝や深夜など、可能な方はできるだけ渋滞予測のピークを避けてほしい」と呼びかけている。

 

高速道路の渋滞はどうしょうもないですが、淡路島の渋滞なら抜き道がありますから、おすすめ淡路島抜け道情報をどうぞ👇

おすすめ淡路島抜け道情報

 

 

淡路島宿泊最安値☞ホテル・旅館を検索 [Yahoo!トラベル]

おすすめ旅行グッズ☞これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめグッズ

 

 

 

 

スポンサーリンク







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA