道の駅うずしおでPPAP

スポンサードリンク




 

南あわじ市福良丙の「道の駅うずしお」で、“PPAP”が人気を呼んでいる。

島内の小学校の給食で出されているアップルパン、パインパンを一般向けに販売。

この名前に注目した道の駅が「パン・パイナップル・アップル・パン」(PPAP)として売り出したところ、これまでよりも販売がアップしたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップルパンとパインパンは古川パン(同市福良甲)が昭和30年代から島内の学校給食用に作っているが、大人になってもあの味が忘れられないという声に応えて約6年前から一般向けにも販売を開始した。

 道の駅では昨年5月ごろから扱っていたが、ピコ太郎さんのPPAPが流行しはじめた昨秋に担当者が「アップルパンとパインパン。これ使える」とひらめき、イラストや「パン・パイナップル・アップル・パン」の文字をつけて販売。

見つけた子供が歌うなど人気になったという。

担当者は「両方持ってレジに来ていただいたときには、『ウンッ』とパンをくっつける振りをするサービスもしています」と笑わせた。

 

 

 

淡路島宿泊最安値ならこちら☞ホテル・旅館を検索 [Yahoo!トラベル]

おすすめ旅行グッズならこちら☞これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめグッズ

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

二つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA