花と緑をめでる催し「淡路花祭2017春」開催

スポンサードリンク




チューリップ、スイセン、ポピー、菜の花…。花と緑をめでる催し「淡路花祭2017春」が18日、兵庫県淡路島内各地で始まりました。

今日は、3連休の初日しかも好天にも恵まれ観光客ら多くの人出でにぎわっていました。

花祭は5月28日まで。

     

洲本市民広場(洲本市塩屋1)では、花植えやコンサートなど、花祭のオープニングイベントが開かれた。

地域住民ら約150人が参加し、広場に並べられたプランターに、白や紫、黄、オレンジのビオラ計800株を植え、広場を春らしく演出。

会場には、江戸時代の海商で淡路島出身の高田屋嘉兵衛が28歳で建造した船「辰悦丸」をかたどったビオラのオブジェも登場。

 

ほかにステージイベントもあり、シンガー・ソングライターChappe(チャッペ)さんが淡路島をイメージしてこの日のために作った歌「花の島」などを披露した。
 

 

淡路島宿泊最安値☞ホテル・旅館を検索 [Yahoo!トラベル]

おすすめ旅行グッズ☞これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめグッズ

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
ランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA