脈々と受け継がれる罰金制は、故郷への愛情の“担保”か?

スポンサードリンク




淡路島では、春祭りが盛大に行われた。

国生みの島、玉ねぎで有名な淡路島の北部、淡路市波の里地区では、春と秋のお祭りに、なんと「罰金制」が存在する。

祭りは、宵宮と本宮の2日間、春と秋合わせて年4日催されるが、それぞれ、休むなら罰金として1万円を支払わなければならない-、その徴収役が、地元の男たちでつくる「青年会」である。

約30年前、少子化や勤め人が増えた影響で、重さ数トンの布団だんじりを上げる担ぎ手の不足に直面
このままでは、だんじりを担ぐことはおろか、祭りの存亡に関わる。

青年会は危機感を募らせ、欠席する会員に罰金を課す習わしが始まった。

1998年4月、淡路島と本州を結ぶ明石海峡大橋が開通。育波には神戸淡路鳴門自動車道の北淡インターチェンジがあり、神戸まで車で20分で行ける。仕事を求めて島を離れる人がさらに増えた。

「祭りがなくなれば、地域そのものがすたれる」。

脈々と受け継がれる罰金制は、故郷への愛情の“担保”か?

地元の祭礼団でも同じように、布団だんじりを上げる担ぎ手の不足に直面している。

まだ、北淡のように罰金制には、なっていないが

若い衆の間では、他の地域から、担ぎ手をお願いしようと提案があったが、

年寄衆からは、反対の声が上がっている、なかなか担ぎ手を確保するのが難しくなっているようだ。

少子高齢化、勤め先を求め島から離れるものが多くなっている現状

「祭りがなくなれば、地域そのものがすたれる」。

罰金さえ払えばいいという考えも増えてくると

地域、いずれは淡路島そのもの存続が危ぶまれる。

日本の存続が危ぶまれる日もそう遠くはない?

  

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク







 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA