罰当たりが!!伊弉諾神宮に落書き

スポンサードリンク




 

 

なんてことしやがる、あの国生み神社「伊弉諾神宮」に落書きをしやがった輩がいた。

何処かの油での被害ではなく、落書き

「天狐」、「神狐」という文字が、赤い油性ペンで落書きされた。

犯人に次ぐお前はもちろん子孫までもが、末代まで呪われることだろうと。

 

以下引用(神戸新聞)

30日午後6時15分ごろ、兵庫県淡路市多賀の伊弉諾神宮内にある社「淡路祖霊社」に落書きされているのを同神宮関係者が見つけ、淡路署に届けた。

同署によると、社背面の木製壁の右隅に「天狐」、左隅に「神狐」という文字が、赤い油性ペンのようなもので書かれていたという。

同神宮は「国生み神話」で知られるイザナギとイザナミ神を祭っている。淡路祖霊社は淡路島出身の戦没者を祭り、2015年には油のような液体をまかれる被害に遭った。同署は器物損壊容疑で捜査を進める。

 

スポンサーリンク







 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA