繊細な和の彩り 淡路人形の魅力絵画で 南あわじ

スポンサードリンク




第25回淡路人形絵画展が、兵庫県南あわじ市市三條の淡路人形浄瑠璃資料館で開かれています。

淡路島や神戸市、京都府の愛好者が豊かな表情と心の機微を表現した秀作28点を寄せ、淡路島が誇る伝統文化の魅力を余さず伝えている。

5月7日まで。

 

 

 

 

 

たおやかで上品さをたたえた八重垣姫、たけだけしさに満ちた弁慶ら名演目を飾る登場者を描写。

生き別れの母を探し求めて巡礼を続ける娘・お鶴は、けなげなまでの情愛の深さが胸を打つようだ。

 


 

 

 

淡路島宿泊最安値☞ホテル・旅館を検索 [Yahoo!トラベル]

おすすめ旅行グッズ☞これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめグッズ

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

二つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA