淡路市「水仙の丘」ラッパスイセン見頃

スポンサードリンク




淡路市「水仙の丘」ラッパスイセン見頃

 

ラッパスイセンとは?

●地中海沿岸が原産です。最初に発見されたのはスペインのピレネー地方だといいます。高さは20~30センチになり、3月から4月ごろ、芳香のある花を咲かせます。一茎一花で、ふつうの「スイセン」に比べて副花冠が長く、ラッパ状になるのが特徴です。イギリス王立園芸協会(Royal Horticultural Society)の分類では、副花冠の長さが花弁と同じか、それ以上のものをいいます。
●ユリ科スイセン属の多年草で、学名は Narcissus pseudo-narcissus。英名は Trumpet narcissus, Trumpet daffodil。

 

 

 

 

 

「水仙の丘」

心をとらえて離さない黄色いパノラマが広がる丘。

県立淡路文化会館近く、眺望のよい いざなぎの丘40アールに、黄色のラッパスイセンが10万本咲き誇り、陽光を浴びながらまばゆいほど輝きます。

また、園内には野鳥のつどう巣箱や餌台が設置されており、淡路の春を演出。

 

同市井手の井上善人さん(76)が1997年、ミカン園だった丘陵地に自宅で育てていたスイセンの球根を植栽したのが始まりだそう。

分球を繰り返し、現在は約4千平方メートルに17種類が花を咲かせる。

 

20周年を記念し、25、26日には「水仙の丘まつり」を開催予定。切り花や竹笛を各日先着100人にプレゼントするほか、切り絵の体験教室を開く。

摘み取り体験(10本200円)は4月10日まで。無料。午前10時~午後3時。

 

 

 

 

 

アクセスデーター

住所 〒656-1521 兵庫県淡路市多賀396-9
TEL 0799-85-1406
備考  

入園料:無料(見学自由)

休園:水仙の開花時期は無休(開花に合わせて開園しております)

アクセス:県立淡路文化会館から300m。路線バス西浦線で伊弉諾神宮前下車、淡路香りの公園・県立淡路文化会館方面へ徒歩約5分。

 

MAP


 

 

淡路島宿泊最安値☞ホテル・旅館を検索 [Yahoo!トラベル]

おすすめ旅行グッズ☞これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめグッズ

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
ランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA