淡路島観光  八木のしだれ梅(村上邸)見頃は月末

スポンサードリンク




南あわじ市八木馬回の農業、村上旭さん方で樹齢約60年の「しだれ梅」が見頃を迎え、枝に連なった花々が訪れた人たちの目を楽しませている。

3月中旬まで楽しめるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しだれ梅は村上さんが昭和40年代に島内の業者から1本の苗木を購入したのが始まり。

欠かさず世話をしてきたところ多くの花を咲かせるようになり、口コミで評判が伝えられていった。

現在は幹の直径が約50センチ、高さ約7メートル、幅約10メートルまでになり、長さ1メートル以上の無数の枝が優雅に垂れ下がっている。

 今年は2月中旬にかけて厳しい冷え込みとなり、開花は遅くなったが、下旬になって暖かい日が続いたため3月に入る前に満開を迎えそうという。

 5分咲きとなった19日には、直径約2センチの鮮やかなピンク色の花があちこちで咲いていた。無料開放された庭には島内外から多くの観光客らが訪れ、花の前で記念撮影をしたり、模擬店の甘酒を飲んだりして楽しんでいた。村上さんの長男、正尚さん(59)は「かれんな花々を見て、春の訪れを楽しんでいただけたら」と話している。

 開花している期間中は庭を無料開放する。満開前後からは、日没から午後9時までライトアップを行う。

関連記事☞淡路島観光  八木のしだれ梅(村上邸)

淡路島宿泊最安値☞ホテル・旅館を検索 [Yahoo!トラベル]

おすすめ旅行グッズ☞これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめグッズ

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

二つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA