淡路島洲本市で、移動店舗自宅前がスーパーに

スポンサードリンク




淡路島洲本市で、移動店舗自宅前がスーパーになりました。

昔住んでいた町は、漁師町がお隣にあったので、よく朝捕れたお魚を、おばちゃんが、売りに来ていたのをおもいだしました。
高齢化の進む淡路島、公共機関の貧弱で、車を乗ることができないと、買い物にも行けないような、ところもありますから、
こういった、移動店舗助かる方が、おおくいるとおもいます。

最初は、洲本市内からのスタート

採算を考えると妥当だと思いますが、山間部とか、買い物難民となってるご老人の方も多いとききます。

是非、対象を島内全島に広げてもらいたいです。

また、自治体もこういった問題を放置することなく、対応を急いでもらいたいものである。

淡路島地盤のスーパー、マイ・マート(兵庫県洲本市納)は14日、移動スーパー事業を開始する。食品を搭載した軽トラックが、利用者宅まで出向いて対面販売。移動スーパーは現在、島内にはなく、高齢者を中心に需要を見込んでおり、まず1台を導入して洲本市内を対象にスタートさせる。(神戸新聞))

移動スーパー事業のノウハウを全国展開する「とくし丸」(徳島市)と提携して展開する。とくし丸との提携は、兵庫県内のエリアでは朝来市、丹波市、伊丹市に続き4例目。

 生鮮品や総菜、菓子、飲料のほか、日用品などスーパーで販売しているあらゆるものを積んだ冷蔵機能付きの軽トラックで、利用者宅を1週間に2回訪問する。

 利用者は、スーパーで買い物をする感覚で、商品を選ぶことができる。輸送費などを含め、価格はマイ・マートの店頭価格に10円上乗せする。

 「高齢化が進む島内で、買い物弱者をなくしたい」と同社。「高齢者が、住み慣れた地域で安心して自立生活を営む一助になれば」と話す。定期的な訪問を通して1人暮らしの高齢者の見守り支援も行えるとして、洲本市と月内に連携協定を締結する計画だ。

 現在、同市内の利用希望者を募っており、軌道に乗れば、対象エリアを拡大させたい考え。同社TEL0799・26・2866

(画像は、とくし丸さんからお借りしました。)

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

三つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA