淡路島グルメ「生サワラ丼」おすすめ「お多福」!鮮度抜群のサワラを食す!

スポンサードリンク




淡路島グルメ「生サワラ丼」おすすめお多福!

淡路島の春の味覚といえば「生サワラ丼」

ツウの方なら、この時期は、そわそわ「早く食べたい」!!

その口当たりは、中トロのようだ。

サワラは、足の速いので有名

普通なら、照り焼き・塩焼き・西京漬け・かぶら蒸し・押し寿司などが一般だろう。

だが、昔から、ここ五色地域では新鮮なサワラの刺身やタタキが、漁師たちの食卓を彩ってきた。

「サワラは、さっぱりとした中にも甘さがあって、新鮮なほど身が柔らかく中トロのようにとろけて旨い」のだ。

 

 

お多福

ここお多福は、「サワラ」が水揚げされる漁港五色地域にあるため、提供される「サワラ」は、どこよりも新鮮だ。

その新鮮な「サワラ」を存分につかった、サワラあぶり山かけ丼(1300円)がこの時期「お多福」の名物。

鮎原米のご飯に炙ったサワラ、味付けした山いもをとろりとのせ、さらに胡麻、海苔、大葉、カイワレ大根をあしらえた趣向を凝らした一品。

好みに合わせて醤油をかけ食す。

 

 

 


普通なら、丼に載せられている「サワラ」は、5.6切れのところ、ここでは、大きく切った「サワラ」がなんと8切れ以上、丼にこれでもかと言わんばかりに盛られ、さらに「サワラ」が隠れてしまうくらいの山芋が盛られる。

これで、1300円なら、安いものだ。

また、ご飯は、淡路島の島民なら、誰もが「旨い!!」と言う。ブランド米「鮎原米」が使われている。
これで、うまくないわけがない。

 

 

内観


カウンター席が、10席

4人掛けのテーブルが4卓ある。

地元の方も多く、この時期らしくサイクリストの方も多くみられた。

 

 

 

外観


昔ながらの大衆食堂といった外観

駐車場は、お店の前に5台ほど止めることができる。

 

 

捕れたて新鮮な「サワラ」ご主人が見せいただくことが出来ました。


これで5キロクラス。

身の色つやを見てもわかるように、鮮度抜群!

五色地域の「サワラ」は、日200本以上が水揚げされ、遠くは、香川県まで出荷されている。

また、鮮度を保つため、捕れたらすぐに、血抜きをするそうだ。

鮮度抜群の「生サワラ丼」ここ淡路島でしか、食すことのできない春の旬のグルメ一度ご賞味どうでしょうか?
ここ「お多福」なら、鮮度抜群のサワラを食すことができる、おすすめのお店です。

 

 

 

アクセスデーター

住所 兵庫県洲本市五色町都志174-1
TEL 0799-33-0341

 

MAP

 
 

 

淡路島宿泊最安値☞ホテル・旅館を検索 [Yahoo!トラベル]

おすすめ旅行グッズ☞これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめグッズ

 

 

 

 

スポンサーリンク







 

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA