洲本5人殺害 被告に死刑求刑

スポンサードリンク




 

洲本の男女5人殺害 被告に死刑求刑 神戸地裁

淡路島のサイコ殺人反省の弁もなく

極刑が判決で出された。

お願いですから、弁護しないでこのまま死刑でいいじゃないですか!

と思うのはわたしだけ?

2015年3月に兵庫県洲本市で男女5人が刺殺された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた平野達彦被告(42)の裁判員裁判が3日、神戸地裁であり、検察側は論告で死刑を求刑した。同地裁の裁判員裁判での死刑求刑は、14年9月に神戸市長田区で起きた小1女児殺害事件に続き、2例目。

起訴状などによると、15年3月9日午前4時ごろ、近くに住む平野毅(たけし)さん=当時(82)=方で、毅さんと妻恒子さん=同(79)=をサバイバルナイフで多数回突き刺すなどして殺害。約3時間後、近くの平野浩之さん=同(62)=方で、浩之さん、妻方子(まさこ)さん=同(59)、母静子さん=同(84)=を同じナイフで刺殺したとされる。

平野被告は初公判で、殺害は電磁波兵器によって強制されたと主張。「被害者とされる5人らに仕組まれた完全な冤罪(えんざい)」などと起訴内容を否認していた。

裁判では、平野被告が事件当時、刑事責任が問える正常な精神状態だったかどうかが主な争点だった。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

三つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA